上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
――【ギルド:】――
「終われない。……あたしだって分かってるわよ、そんなの」
*フロワ / 青ガンナー♀,18歳
リーダー。腕前と名を上げるために世界樹に来た。
我儘で自尊心が強く負けず嫌い。しかししかしその難儀な性格を自分でもわかっているらしい。

「リーダーが前しか見ないなら、横と後ろをしっかり見てやるのが私達の務めだろう」
*グラン / 茶パラディン♂,47歳
ラガード公国に代々仕える聖騎士の一族。ハイドという戦士の息子がエトリアにいる。(→SQ1)
年齢ゆえの落ち着きと知識、判断力を併せ持つ、ギルドの諌め役兼清涼剤。

「わしは慢心せんよ。しとったらその先伸びていけないじゃろ?」
*サクヤ / ポニテブシドー♀(突専門),19歳
和の国から武者修行にやってきた武家の娘。古風な喋り方とひどく大雑把な性格が特徴。
豪胆で細かいことを気にしないからか、窮地だろうと殺伐としてようと基本的に機嫌がいいムードメーカー。

「そうなの?」
*ハルト / 白カースメーカー♀,10歳
どこからともなく現れたみなしご。フロワの命によりローブの下をちゃんと着用。
まだ幼いうえ人懐こいので、警戒心が薄かったり、好奇心が強く思わぬ行動に出がち。

「馬鹿なリーダーに見えるでしょう。半分正しくて、間違っているわね」
*アンジェ / 黒ドクトルマグス♀(巫術中心),14歳
まじない師一家の第二子。レインという兄がエトリアにいる。樹海での生活スペックは高め。
比較的無口で冷めた様子だが、兄と違い話してみればとっつきにくい訳でもない。

――【ギルド:ラクーン】――
「不老長寿の秘薬」を求めるギルド。ゲームでは採集パーティ、設定上はライバルギルド。

「守ると守られるが逆転してちゃ、世話ねえな…ったく」
*ブレア / 褐色ダークハンター♂,19歳
リーダー。ややヘタレで、何かあると笑ってごまかす癖がある。ミトの幼馴染。
ハイ=ライの一同を「騒がしくて見てて楽しい」という理由で気に入っている。

「腰が入ってないよ、だらしないなぁーもう」
*ミト / 赤ソードマン♀,18歳
男勝りの元気で前向きな剣士。妹の分まで丈夫に生まれたらしく、グラン以上の怪力を誇る。
不治の病の妹の治療手段を探しているうちに、ハイ=ラガードに眠るという「秘薬」の噂に辿り着いた。

「わう?(ムシャムシャ)」
*ワウム / オオカミ♂,推定4歳
人懐こい狼。大好物の鶏肉をあげると尻尾を振って喜ぶ。わんこ。
元々ブレア達の村で、森で飢えていたところを拾われたらしい。以降飼い犬のような存在に。

「まったく、とは思うけど。……苦ではないな、私にも妹にもこんな時代があったのだから」
*ヒイロ / 金レンジャー♀,20歳
エトリアで名を馳せているやとわれ採集家「採集姉妹」の片割れ。色々あって右目を負傷しラガード公国で療養していた。
落ち着いた性格で、危なっかしい幼馴染二人を後ろから暖かく見守るお姉さんポジション。



追記で細かい設定。
*フロワ
チームを強引に引っ張るギルドリーダー。勝ち気で我儘であったり、一人でなんでもやりたがる面が目立つ。
初めは頼りなかったが、自分がリーダーであることを自覚するにつれ、責任感や協力姿勢などが芽生えていった。
自ら命を懸け、仲間のために尽くそうとする姿勢もあり、グランの故郷である公国の危機に真っ先に飛び出したり、
身を挺してサクヤをかばうなど、垣間見える優しさを知った周囲も、徐々に彼女への評価を改めていく。
マタギの村出身。「自分はこんな小さな村、地味な仕事では収まらない」と、名を上げるために世界樹へと来た。
最初ひとりで迷宮に入ろうとしたのはこのため。
冒険後はハルトのおもりをしながら、新たな腕試しの場を探している。

*グラン
ハイドの父であり、ルーチェの師匠。長らく公国に仕えた経験を生かし、実質ギルドマスターとしての業務を担当する。
年齢ゆえか懐が広く、しかし冷静にフロワをバックアップするいいおじさん。
迷宮に一人で入ろうとしたフロワを止め、ギルドに連れて行った張本人。結成まで面倒を見るだけのつもりだったが、
勝手に人数にカウントされていた。多少は有名な騎士らしく、ギルド長からも「あの娘を頼むよ」と言われていた。
迷宮での知識・戦術などを一同に手ほどきしたのもこの男性である。
冒険後も公国に勤める。加えてエトリアで冒険を終えたルーチェとハイドを迎え入れ、衛士としての極意を手ほどきした。

*サクヤ
海に浮かぶ小さな和の国(コトノクニ)出身。家督を引き継ぐ前に外を旅して心身を鍛えることを
先代に命じられ、当時噂となっていたハイ=ラガード公国へ赴き、ハルトに捕まり困っていたところで、
二人丸ごと今度はフロワに捕まった。はじめはフロワの采配に不安がぬぐえなかったが、
率先して仲間のために危険へと飛び込んだ彼女を見て、フロワを自分が仕えるリーダーの器であると認識した。
ちなみにオフ時には和服を着て歩いている。洋服は自分で選べないので持ってない。
冒険後は祖国に戻り家督を継いだ。そのあと様々なきっかけを経て、SQDでの冒険者支援を始める。

*ハルト
幼さゆえに真剣さや慎重さとは無縁だが、危機感を感じると真剣な態度になる。
師の教えにより、戦闘時に呪言を撃つ際だけ、別人格といえるほどの黒い言葉を発する。
元は別の国にいたそうだが、両親が存命でないのでどの国かわからない。行きずりのカースメーカーに呪言を教わり、
その力でなんとなく生き延びて、しまいに馬車に潜りこんで、公国まで来たという奔放ぶり。
実際、迷宮に目的はなかった。親しい人が真剣なので自分も頑張った、というくらい。
ちなみに第三層の雪の中でも元気だったが、薄着なので真っ先に風邪を引いた。

*アンジェ
学者とまじない師の間に生まれた双子の妹のほう。(→両親:SSQ2 兄:SQ1)
ラガード公国の実家で母と暮らしながら、巫女として事故で障害を負った母の体を癒していた。
自分だけでは限界を感じていたが、かといって医者に頼るほど資金に余裕はなく困っていたところに、
サクヤからのヘッドハンティングを受け、「力もお金もどうにかなるかも」と彼女の申し出を受ける。
兄の冒険譚を聞いたからか、元々迷宮への興味はあったらしい。
冒険後もラガード公国へ残り、家で母と生活を続けると思われる。

*ブレア
幼馴染の妹・カロリア(桃ダク♀→桃シカ♀)を救うため、不死の薬の噂を信じて来訪。
手負いの襲撃者に襲われたハイ=ライを助けたと思えば、
彼らに「先に迷宮を踏破する」宣言をするなど、友人にしてライバル関係だった。
しかし第四層でミトとワウムが重傷を負うと、涙をのみ捜索を断念。ハイ=ライにカロリアの運命を託した。
冒険後はミトと共に故郷へ戻り、カロリアの病気を治療した。その後は三人で世界を旅しているらしい。

*ミト
ブレアの相棒であり姉貴分。しっかり者で、どこか決断力に欠けるブレアの背中を後押しする役。
妹を救うため、二人で迷宮へと足を運んだ。仲間と妹を守ろうと、気づかぬうちに随分と無茶を重ねていたらしく、
第四層でブレアをかばって倒れ、表ボス討伐後まで目を覚まさなかった。

*ワウム
見た目とは裏腹に人懐こい狼。攻撃はさほど得意ではないが、補助や防御役として立ち回ることができる。
爪や牙が傷ついており捕食が難しいため、飢えていたところをブレア達に拾われたらしい。
ハイ=ライとラクーンが出会った時にはすでに仲間入りしていた。
純粋な忠犬として以降の探索でも活躍するのだが、ある時に重傷を負い冒険を離脱。ハイ=ライに命を救われる結果となった。

*ヒイロ
ラガード公宮に雇われた『迷宮攻略アドバイザー』。「採集姉妹」としてならした経験を生かし、雇われ採集家も兼ねる。
姉御気質で頼られるのが嬉しいタイプ。褒められ慣れてないのか若干のツンデレあり。
エトリアで色々あって右目を負傷、すでに見えないらしい。ラガード公国へは療養で訪れた。本編開始時には傷は癒えきっている。
Secret

TrackBackURL
→http://sweetpops0.blog56.fc2.com/tb.php/365-e818eb30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。