上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カモミール

「以前はレモンティーやミルクティーを勧めたが、紅茶はストレートも案外よいものだぞ」

続きからプレイ日記。EDまでのネタバレ注意!
キャラエピ成分を含まないけど長いヨーイヨー。


さあ問題のクライマックス。いざジュリウスたいちょの待つフライアへ突撃!
と思ったらいきなりホログラフの食卓とラケル先生の姿が。歓迎されて…歓迎…?
曰く、かの偏食因子を取り込んだその時から、ラケル先生にはナニかの声が聞こえていたようです。
「残さず食べるのが、一番偉いんだよね」
そしてラケル先生の真の目的、それはヒトの『無駄なあがき』の終焉、終末捕食を引き起こすことでした。
生命と地球の論理からいけばまあ、ある意味では合理的なんですけど…けどねえ…(割り切れない顔)

で去りゆく彼女を追い進んだ先には、デミウルゴス堕天のようなアラガミと抜け殻になった先生が。
おおっとこれがラスボスか!!ソレが変わり果てたジュリウスさんだと信じつつレッツラバトル。
「どこ壊れるんですかアッー!?」と血涙こぼしつつ無事撃破しました…まさか両腕別パーツだったとは。
とりあえず突進連打されると手が付けられないので落ち着いてください暴走列車ッ!?(轢かれながら)

で、倒したはいいんですがなんだか様子がおかし…
ってジュリさん後ろの繭だったんですか!!?むしろさっきのラスボスじゃないんですか!!?(汗
特異点として目覚めた彼の手で、ついに終末捕食らしきモノが始まってしまいます。
どうにもならないので、誇らしげに喰われるラケル先生はほっといて一時脱兎。
目覚める時のムービーには、可愛いと噂の子供ジュリウスさんいましたが、なるほどかわいいな(*´ω`*)
しかしおぼっちゃま孤児だったんですね彼。何も奪われたくない気持ちはこの頃から強かったのか…

 *******

逃げてきた後、サカキ博士に決死の作戦を提案されますが、それに挑むブラッドの覚悟を問われます。
まあでもリュウトなら「引けば死ぬんだろ?なら行くしかないって」とか軽く言ってる気がががが
と思ってたらみんなの決意の後、突然リュウトが喋り出して超絶ビビりました…おおう主人公ボイス…!!
「ジュリウスを迎えに行こう」なんて何カッコいいこと言ってるの!!ありがとう公式!!
でもこれさ…あのさ…弟の使ってるダウナー毒舌娘も同じセリフ吐くのかな…考えられんな…(遠い目)

決意も新たにしたところで作戦を聞きます。極東組出現してて驚きましたが、あ、当たり前よな…
ここで黒蛛病が地球による『特異点』生成機構であったこと、ユノさんも特異点であったことも明かされます。
作戦はこう。
 ジュリウスの終末捕食を誘引→ユノの歌で黒蛛病患者同士を感応させ、同じく終末捕食へ昇華
 →リュウトがユノ側の力を増幅してジュリウスにぶつけ相殺する
まさかの主人公is必須要素…ユノさん守り通せばいっかーとか思ってたのでちょっと緊張しました(おい)

そんなわけでいざ再来のフライア。単離したジュリウスさんがアルダに見えてごめんなさッ(懺悔)
なんとなく攻撃中しかこっちの技通らないのは察したのですが、またしても「どこ壊れるんだよ!?」と
彷徨った末に「コア破壊したけどコアって!!?」とドギマギしてたへっぽこ隊長ですいません(´;ω;`)
実は3回ほど戦闘不能になっているはずなのですが、シエルちゃんのスーパーファインプレーにより
回復弾もらって事なきを得ていました。防御は薄くても百発百中のシエルちゃん強い…!

倒した後、いよいよ終末捕食起動のターン。すげーユノさんが青いステージ用ドレスになってるー!
一度は負けかけてもそこはユノさんのカリスマ、世界に散らばる患者たちの歌で持ち直します。
老若男女世界各国が知ってるってなんかもうビートルズばりの知名度じゃないかすごいなユノさん!?
そして終末捕食へと進化したユノさん、リュウトと片手を合わせていざジュリウスさんとの対決へ…

と思いきや、誰かの意識の底らしき花畑へ全員ワープ。そして人間に戻ったジュリウスさんの姿。
しかし偏食因子がかみ合わないのか、彼には触れられず、そして彼が帰れないことも発覚します。
「終末捕食が世界を喰らわぬよう、特異点が残って制御してやらなければなるまい」
その事実に一度は一同は涙をこぼすのですが、『ここで立ち止まらない』こと―――
『同じ場所にいられなくても、共に戦い続ける』ことが彼の願いと知り、もう一度立ち上がります。
そしてジュリウスさんにすべてを託し、悲しみを振り切ってフライアをあとにするブラッド。
二つの終末捕食は、世界に散らばる黒蛛病の偏食因子を飲み込んで、大樹と化したのでした。
ジュリウスさんは―――その中心で、終末捕食を留めるため、孤独な戦いを始めたのでした。

…ロミオさんがそっと彼に手を貸して戦っててくれたらいいなあ、とか…妄想乙ですかハイ…

以上、ざっくりとですがエンディングまでをまとめました。お付き合いありがとうございました。
エンディング後もまだ物語があるので、プレイ日記はもうちょっとだけ続くんじゃよ。
Secret

TrackBackURL
→http://sweetpops0.blog56.fc2.com/tb.php/331-8ab0ea44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。