上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ありがとう」「さよなら」

いつまでも立ち止まってないで、オレたちは、自分の足で歩いていかなくっちゃ。

続きでプレイ日記。第五章のネタバレ注意!!


「ひとつひとつ、進んでいかなきゃいけないんだよね」
ぱたぱたと足を動かし、ベンチに座ったネコが言う。
その小さな手に抱えた、格式ばった白い封筒。アリアケ議員とは仲直りできたのだろうか。
「今のアタシはやっと、オジサンとのわだかまりをなくしただけだよ。
 だけどSKYのことも、ドラゴンとの戦いも、まだまだやることはいっぱいじゃん」
気分がすぐれないと曲がるという猫耳が、ふにゃりとうなだれている。
それでもSKYのリーダーとして、平気、とネコは笑う。
「けど、それが今まで、タケハヤとダイゴが背負ってきたものだもんね。
 だから、アタシも負けないよ」
もう付いていける背中はいない。自分がみなを率いなければならない。
だけどネコはそれしきで崩れるような、弱い少女ではもうなかった。
歩こう、という意思が、確かにそこにある。それだけで、人間は何度でも立ち上がれる。
―――みなが、歩こうとしている。戦おうとしている。
「倒れた隊員ひとりひとりの意志を継ぎたい。アタシが、背負ってやりたい」
たとえ数えきれない墓標を見届けてきた、リンであっても。
「後を追わせるためにショー兄達は死んだんじゃないもんね。だから、アタシ、生きるよ」
たとえ強き心の礎を失った、イズミであっても。
「出来るか、じゃないんだよね。やらなきゃならないんだ、僕が、みんなが」
たとえ何度も絶望に直面してきた、キリノであっても。
辛い中だって、みなが自分のできることを、精いっぱいやろうとしている。
「…だからさ」
マイルームの片隅で、傷だらけの右手をぎゅっと握る。
部屋に残るはかすかな寝息。明日もまた、こうして三人揃って一日を終えられるように。
「オレも…絶対やりとげるよ。見てて、アマにい」
史上最年少のリーダーは、星の見えない夜空に誓った。

頼りっぱなしの過去に、さよならをしよう。

ということで第五章。池袋…ジゴワット…イヤーッ!!?(蘇る前作のトラウマ)
無茶しやがった感じのSECT11を追っかけて、相変わらずの天球儀へ登ります。
見るたび見るたび彼らが神風特攻してるのが辛いですね。ショウジさんは後を追わせたいんじゃないんだよ…
そして抜け殻イズミちゃんはいつ戻ってくるのか。気持ちはわかるけど…

ところで道中の電磁砲さん超強くないッスか(白目
無駄に硬いくせに行動停止技まで持ってて辛いです。ドラゴンの傍に設置されてるのを見て悪意さえ感じました。
トンボと電磁砲を同時に相手するとこなんか、確か4回以上全滅してるはず…

イズミちゃんが帰ってきたのは、ドラゴンと隊員が交戦している中枢ポイントでした。ヘリだ懐かしい!
しかし居合わせたフリーズドラゴンの討伐、きゃつが速くてつらいです そして防護壁やめぃ!!
フリーズブレスがあからさまだったのが救いでしたね。吹裂く也は今日も偉大だった。
ともかく、ドラゴン倒してめでたくイズミちゃん復活。わあ今までにない姉御系イズミちゃんだ!
ジゴワット戦前は敬礼で送り出してくれるのが、また前作っぽくて感激でした。
(その後すっごい背後の脱出ポイント使うのが恥ずかしかったです まる)

そして宝箱!!ガトウさんの腕章出てくるとかもう!!説明文見てホロリと来たのは内緒。

そんな懐かしさの散りばめられた迷宮を抜け、いざみんなのトラウマ帝竜ことジゴワット戦へ。
なんか今作ジゴワット細くねェ!?小型化して今はやりの省エネですか!?(違
…で、実はジゴワット戦、ですが…前作よりかなり楽にクリアできました。えっ全滅0…っ?
成長って偉大。というか、ハルカのDEF☆フォーム5が偉大。ひょっとして魔法防御も上がってる?
アマツのアイシクルエデンが弱点属性だったのも、大きかったのかもしれないです。

そういえば、五章内で出現するクエストはどれもおいしかったです。
リンさん企画の追悼式が特によいですね。4.5章でズタボロの心が温まりますし、妄想的にもおいしい(不謹慎
ネコちゃん&アリアケさんのクエスト、義手クエスト、キャットフードクエストなんかも楽しかったです。
まだ池袋行ってなくてナビクエストが途中なんですけど(白目

ラウンジも開店したよ!今回のアドレスイベントがよりプライベートっぽくって楽しいです。
ひとまずミヤさんとキリノさんのアドレス頂きました。
NPCの素直な胸中が聞けるのがアドレスイベントのいいとこですね。ミヤさんいい人…キリノさん健気…

とりあえずここまで。ナビクエストについては次回書こう。うんそうしよう。

アマツ Lv51/サイキック  :黒のインヴェイジョン解禁!電磁砲までもほぼ爆殺するその恐ろしさよ…
ハルカ Lv51/アイドル   :スルーリアクトはじめました。意外とチャンスは回るものだ
ミズキ Lv51/デストロイヤー:意外に魔法技耐えてびっくりした 基礎HPの高さのせいか?
Secret

TrackBackURL
→http://sweetpops0.blog56.fc2.com/tb.php/282-dbb59110
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。