上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あきらめない

「俺は―――。」「僕は―――。」「アタシは―――。」

続きでプレイ日記。エンディングまでのネタバレ注意!!


赤い花びらが舞い、星空の中に塵となって消えていく。
今この瞬間、日本を人間の手に取り戻した。感慨と疲労が、静かに13班を包む。
「希望を馬鹿にした者は…希望の前に、ひれ伏す…。いつだって…そう、ですよね…」
ドサリ。背後で重たいものが落ちたような、鈍い音が響く。
毅然としていた、少年の言葉は途切れ、聞こえなくなった。
「どこぞのポッと出に、測れるほど…人間は小さな存在じゃ、ない。な、証明…しただろ…?」
ドサリ。似たような音が重なり、真っ直ぐな少女の声も、聞こえなくなった。
振り向こうにも、体がきしんで言うことを聞かなかった。
自分の意識ももう間もなく途切れることも、なんとなくわかっていた。
心地よい眠りに落ちる前に、ミナヅキはあと一度、空を見上げた。
この星空のどこかで今も見ているだろう、ニアラの同胞たちへ、胸を張って。
「希望にしがみつくためなら、どんな泥水だってすすり、どこまでも強くなれる。
 ……そういうものだ、…人間は」
空にもう一度吐き捨てると、ミナヅキはそのまま意識を手放した。

牧場に収めるには、人間は可能性を持ちすぎた。

という誰にもわからないフリをしたところで、チャプターXの続きから。
ミヅチ討伐の直後、突如どこからか天の声が。えっえっ黒幕!?黒幕ってナツメさんじゃないの!?
曰く、東都タワーのさらに向こうで、真竜なる存在が人間vs人竜の戦いをあざ笑っていたらしいです。
そ、そうか、そういえばドラゴンがやってきた理由とか、全然謎のままだったっけか…
とりあえずこのままだと、地球ごと人類まるっと食べられてデッドエンドくさいので、東都タワーのさらに上へ。

わあいバックが宇宙だ!息とか言わないのがゲームとしてのお約束ですね。
道中のドラゴンは動きが見きりやすく、タワー内部の力押しドラゴンより御しやすかったですね。
「チカラ・パワー・ストレングス」を地でやってくるタイプが苦手です。搦め手はだいたい対策出来るので。
でもクリミナルドラグ+ハエ二体はマジでやめてくださいお願いします。混乱バラまくタイプじゃなくてよかった…
真竜は頼みもしないのに、銀河を渡り地球にやってきた目的を語ります。
サラっと「我らドラゴンが人類の進化を促した」的なこと言ってましたが、ミナヅキなら「騙るな」と言いそう。
でもこの話聞いた後だと、ボス直前のDNA階段の不気味さが際立つ…反応しちゃうのが理系のサガ…

そんなわけで真竜ニアラ戦。あの頼むから倒すとリアクトするやつやめてください!!?
力だめメテオ飛んでくる前にいっぺん全滅しました。無属性ブレスってどう対策しろと…
勝機が見えたのは、ナビクッキーの存在を思い出してからでした。そういえばこれMDF上がるのね!
ミイナちゃんの思いとリンさんの思い(→弁当)をフル活用してクリアしました。
そういや防具もキリノさんとダイゴさんの思いだったっけ…ネコちゃんごめん、サイキックいないんだ(死

倒した後「こんなはずでは!!」とニアラに炎喰らって、ボロボロの13班。むしろ直前の状況的に死んでる。
しかしここでかっこよくタケハヤさんの助けが、…と思ったら返り討ちにあって宇宙に放りだされます。
タ、タ、タケハヤさーーーん!!?死ぬと思ったら明らか死んだ描写が…うっ…(´;ω;`)
しかし怒りに奮起した13班、フル充電状態に回復して、第二形態(?)ニアラ戦へ!

…といっても、相手の体力は半分、対してこちらは初手エグゾースト撃てる状態だったので、消化試合でしたが(ぇ

二度目も倒すと、ようやくニアラ消滅。やったークリアだ!!
喜んだ瞬間にミナヅキがぶっ倒れてちょい狼狽しましたが、無事回収されて目を覚ましたようでよかった。
あの空に続く階段って消えてる気がするんだけど、どうやって回収したんだろ?
戻ってきた後は都庁回ってみんなの喜びの声聞くのが楽しかったです。そしてエンディングへ!

ということでプレイ日記は終了です と思いきや、「もう一話だけ続くんじゃよ」。そうです裏ダンです。

ミナヅキ(ハッカー)  Lv57:最後まで頼りになる存在でした 速度も速いのでアイテム係もお任せ!
ニッキ(トリックスター)Lv57:ニアラ戦で、メテオを奥義で止めたのがすっげーカッコよかったです
コルト(デストロイヤー)Lv57:敵の回復技さえ軽く上回るその火力に助けられっぱなしでした
Secret

TrackBackURL
→http://sweetpops0.blog56.fc2.com/tb.php/272-8a713c35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。