上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セイントリングはコルトが引き取ったらしい

バンダナ上位互換装備出ちゃったけど、ここは最後までバンダナで行きたい当家13班。

続きでプレイ日記。某竜討伐までのネタバレ注意!!


東都タワーを上る13班を、呼び止める声があった。
振り返った三人は、驚きを隠せなかった。面食らった表情のミイナも、二人に問いかける。
「あれっ、あなた達、いつそこに…」
今目の前にいる二人は、―――救命班は、確か今回の作戦では外されていたはずである。
「ごめんねぇ、ミイナちゃん。あたし達、三人に言いたいことがあって、勝手に来ちゃったの」
カエデはそう邪気なく笑ってはいたが、その体はかなり傷ついていて、
なぜ戦闘のできない二人がこんな場所に来れたのか、逆に不思議でならなかった。
そこまでして、彼女たちはなにを伝えようとしているのか。
「ミナヅキ、ニッキ、コルト。あのさ、…怖くても、君達は戦うんだよね」
その問いにもちろんと頷くと、そうだよな、とサツキは下を向く。
行かなきゃいけないのは知っていた。だけどサツキは、彼らに行ってほしくなかった。
「ボク、怖いんだ。三日前からずっと、悪い予感が続いてて…。
 また誰か、…大切な人が消えてしまう、そんな気がして、震えが止まらないんだ」
三日前から彼女を苛む悪夢が、希望の光の中に、どす黒い影を落としている。
いつも気丈なサツキらしくない告白。三人は思わず、黙り込む。
沈黙を破ったのは、リンやダイゴ、ネコ達の声援であった。
「…行かなくては。カエデ、済まないがサツキを頼んだぞ」
ミナヅキ達は思い出したかのように、最上部へとゆっくり足を進める。
一度だけ名残惜しそうに振り返り、サツキ達もまた、地上を目指す。
「……頼む。行かないで、くれよな」
去りゆくサツキの今にも泣きそうな背中が、改めて、三人の気を引き締めさせた。
目指す敵は、もうすぐそこだ。

最後の最後で身内ネタすいません。サツキちゃんはスチューデント♀、カエデさんはアングラ♀です。
日笠ボイスで「……頼む。行かないで、くれよな」が言わせたかっただけです。

そんなわけで第八章、もといチャプターX。わぁお溢れるラスト臭!
竜になったタケハヤさんが東都タワーの障壁をぶち抜いてくれたので、いざタワーに殴り込み。
リンちゃんに自衛隊員、ネコちゃんにダイゴさん、都庁のみんなと、一同で応援してくれてる感いいですね!
まるでヒーローになったみたいである、…あ、13班、そういやヒーローか…
ところでセーブと脱出って自前で作れたんですね。あれってどうなってるの?

ドラゴンもここまで来ると、割とヌルッと狩れるようになってきました。
けどクリミナルドラグは嫌ですタイフーンラリアットはヤメロー!!?ボスで死ななかったのにこいつで全滅したって…
ディフェンスゲインは6まで伸ばしてあったけど、それでも体力ゴリっと持って行かれるんですが。
ハッカー・デストロ最強装備も積んでるのですが、足りないですかさいですか。
(※今wiki見たら、チャプターx開始時点で10欲しいと書いてありました。ええっやっぱナメプですか!?)
それにしても地味に強いですニッキー。銃トリスタって最速とどめ刺しにも使えるのがありがたい。

ナビっ子と「実にらしい」キリノさんからの応援いただいたら、いよいよミズチとバトル!
口ぶりから、13班の誰かが力を受け入れ、竜化するのを想定していたんだと思われますが…あっいいねそれ!(オイ
恐るべきはアイシクルエデンの破壊力と、サンダーシールドの存在。やめてくださいカウンター痛いですマジで
相手のバフ打ち消すスキルないんですか!?リセットウェポン!?(ねえよ
アイシクルエデンも、ミナヅキいなかったら即死でしたきっと。さらに恐るべきはアイスブレイク…
とりあえずは全滅なしでクリアできました。だからなんでそんなPTがクリミナルドラグで全滅するんだ。

ミヅチ、改めナツメさんは、敗れて初めて、自分が得た力に意味がなかったことに気づいたみたいです。
「私は力を得て、いったい何がしたかったんでしょうね…」
消える直前、素に戻った姿でキリノさんにすがったのが切なかったです。やはり彼女にとっても特別な存在だったのか…
だけどこれで大団円。胸を張って地上に帰ろう!スキル「エスケープ」で!(ぇ


と、しかしここで、予想もしてなかった超展開が!!?
天の声ってナニソレオイシイノ!!?

つづきは次のプレイ日記にて!(お約束)

ミナヅキ(ハッカー)   Lv52:改めてわかるナノマシンの「ターン終了時に」「LF最大で」の使い勝手の良さ
ニッキ(トリックスター) Lv52:最終的にアイテム係にしてしまったことを反省。硬さと速さを両立できるから…
コルト(デストロイヤー) Lv52:初手アタックゲイン→奥義でだいたいの雑魚竜はぶち抜ける 驚異のカカトだ!
Secret

TrackBackURL
→http://sweetpops0.blog56.fc2.com/tb.php/270-41ede584
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。